人に嫌われたらどうなる? 「2・7・1の法則」

対人関係

嫌われることを気にすべきか

嫌われると辛いか

人に嫌われることで、どのくらい辛い想いをするのかは、人それぞれ。

人から嫌われることだけは絶対に避けたい

という人もいますし、

逆に、

嫌われることなんて全く気にしない

という人もいます。

みなさんは、どのくらい、嫌われるのは嫌ですか。

ウメダルはどうか

僕自身は、人に嫌われたとしても、比較的、気にしない方だと思っています。

そりゃあ嫌われるよりは好かれるに越したことはないですけど、色々考えてみて、嫌われたとしても別に大した問題はないと思っています。

基本的に人を不快にさせたいわけではないので、相手を怒らせて論破したりするのは、好きじゃないです。

なので、復讐されたり、メチャクチャな害悪を与えられるようなことは、あんまりない。はず。

というスタンスであれば、嫌われたとしても、特に大きな問題にはならない。はず。

陰口言われるのはまあ、陰口言う人の評価が落ちるだけだと割り切っておけばOK。

嫌われたくないと意識してしまうと・・・

嫌われたくないという想いが強くなると、どうなってしまうのか。

この人に嫌われたくない、あの人にも嫌われたくない・・・とか考えだすと、八方美人になってしまう可能性は高くなりそうです。

また、

あの人は私のことを嫌いなのでは・・・

とか気になって疑心暗鬼になってしまう。

「あなたは私のことを嫌ってるんでしょ?」と疑っている人を、好きになれますか。ちょっと、難しいかもしれませんね。

嫌われるのが嫌なので、「嫌わないでください」とお願いしてみるのはどうか。

でも、嫌うかどうかは相手の感情次第なので、「嫌わないでください」と言ったところで、多分無理。

「嫌うなんておかしい」と相手に主張するのも無駄っぽい。これも相手の感情次第。

たまたまかもしれないけど、ここ最近「嫌うなんておかしい」という趣旨の発言を色々なところで聞いた。「こっちは嫌われるようなこと何もしてないのに」とセットで使われることが多い気がする。まあ、細かいことが積み重なってるかもしれないし、相手次第だと思いますよ。

理由はどうであれ「嫌わないでください」とか「嫌うなんておかしい」と言っていたり態度に現れていたら、むしろどんどん嫌われてしまうような気がします。

とかいろいろ考えていると、「嫌われるのが嫌だ」と思えば思うほど、本当に嫌われてしまう気がします。

誰からも好かれるという幻想

八方美人の限界

八方美人を頑張って続けるというのが、誰からも好かれるためにできることかなぁ。

でも、人それぞれ嫌いなタイプは違うので、「私はあなたが嫌うタイプの人間じゃない」ということを示す必要があり、相手によってタイプをコロコロ変えないといけないので表面的に対応になってしまう。また、嘘をつかないといけないし、いろんな人に嘘ついてたら、そりゃあ割と早い段階で嘘がバレて嫌われる。

嫉妬という感情

人間には、恐ろしい感情があります。

嫉妬

嫉妬という感情がある以上、誰からも好かれるのは難しいように思います。

人が人を嫌いになる理由として、結構、嫉妬によるものが多いように思います。

「みんなから好かれている人」に対して嫉妬する人もいますからねぇ。

みんなから好かれるのは無理

だから、みんなに好かれ続けるというのは元々無理なことなんでしょうね。

諦めたほうがよさそう。

好かれる割合、嫌われる割合

2・7・1の法則

どのくらいの人に好かれて、どのくらいの人に嫌われるのかということを分析された方がいます。

カール・ロジャースさんという、アメリカの心理学者です。

2・7・1の法則

と言われます。

誰であっても、接した人のうち、大体、

2割の人は、無条件に好きでいてくれる

7割の人は時と場合によりどちらにもなる

1割の人は無条件に嫌ってくる

という法則みたいです。

どうしても、1割の人からは、嫌われてしまうみたいです。

ただ、日本人は特に、この1割の人に嫌われることを、過度に恐れる傾向があるみたいですね。

1割の人に嫌われたらどうなるか

1割の人に嫌われたら、どうなりますか。

冷静に考えると。

どうでしょう。

・・・

別に、どうもなくないですか。

もちろん、世の中には、対人関係の悪化から酷い目に遭わされている人もいますけど、それは嫌われているか好かれているかという話ではなくて、復讐されている、というケースが多いように思います。

相手をコテンパンにやっつけたり、嘘をついたり、論破したことへの復讐。

むしろ好きだからこそ復讐するというケースも結構あります。最近増えてますよね。ストーカー的な復讐。

なので、嫌われることに問題があるというよりも、嘘をついたり相手を論破して優越感に浸ったりするという行為の方が問題なのだと思いますけどね。

2割は好きになってくれる

とりあえず、好きになってくれるという人はいるみたいですよ。

しかも、嫌ってくる人が最低1割なのに対して、好きになってくれる人は最低2割。

いろんな人に会ったとして、好きになってくれる人の方が多いと考えておけばいいと思います。

全員を好きになれるか

うーん、それは無理やわぁ。

僕自身、みんなのこと嫌いなつもりは全然ないんですけど、どうしても好きになれない人ぐらいはいます。

積極的に「嫌い!」という人は、ほとんどいないつもりですが。

別に、嫌いになったとしても、ひどい目に遭わせようとも思いませんし、きちんと節度を持って対応するよう心掛けはしますけどね。

そして、僕自身だって全員を好きになれないのに、全員から好きになってもらおうというのは、ちょっと我儘な気がしますよ。

私はあなたのことが嫌いだけど

あなたは私のことを好きになるべきだ

というのは二次元のツンデレキャラ以外は言わない方がよさそう。

照れ隠しじゃなくて本気で言ってたとしたら、男女を問わず微妙な気がする。

嫌われないけど好かれない道、嫌われたり好かれたりする道

誰からも嫌われないためには、誰とも接しない、という方法があります。

というか、それしか方法がない気がします。

さて、どちらを選びますかね。

嫌われないために、そもそも人と接しないという道

を選ぶか

嫌う人がいたとしても好きになってくれる人と仲良くするという道

を選ぶか。

結論:気にしない方がいい

嫌われることは、気にしない方がいいでしょう。

そんなことはわかってる

それができたら苦労せんわ

という意見が多そうですけど、そうなんですか?

日本人の多くが、1割の人にすら嫌われることを極端に恐れるのは、何故なんでしょうか。

嫌われると、そんな酷い目に遭いますかね。

誰からも好かれる完璧な人間であるというプライドがあるんでしょうか。

そのプライドを維持するの、超しんどそう。

それか、

私を嫌うなんて間違っている

って言いたいんでしょうか。だとすると、すごい自信です。

結局のところ、嫌われてるとはっきりした段階で、その人とはあまり関わらないようにすればいいんじゃないですかね。

無条件に好いてくれる人も、2割はいますからね。

嫌ってくる1割の、2倍くらい好きになってくれる人がいるはずということですね。

なのでまあ、あんまり、気にしなくていいんじゃないですかね。

それよりも、必要以上に相手を怒らせたり、論破して気分よくなったりして復讐されることの方が、ずっと危ないと思いますよ。

無駄に偉そうに絡んでくる人が時々いるかもしれませんけど、どっちが正しいかを決めるためにケンカしたりしなければ、そんなメチャクチャなことにはならないでしょう。

法的なトラブルとかでもない限り、謝ってケンカから降りちゃえばいいと思いますよ。

ということで、好かれるか嫌われるかはあんまり気にせず、節度を持ったうえで自然体でいるのが、一番じゃないですかね。

そうしていると、残り7割の人からも、好いてもらえる可能性が上がるんじゃないですかね。

コメント