他人を変えようとイライラしないために 〜ニーバーの祈り〜

対人関係

ニーバーの祈り

ニーバーの祈りというのは、キリスト教社会で口承されてきた有名な言葉のようです。

ニーバーの祈りとは、

「神よ、願わくばわたしに、

①変えることのできない物事を受け入れる落ち着き、

②変えることのできる物事を変える勇気、

③その違いを常に見分ける知恵

をさずけたまえ」

というものです。

①変えることのできない物事を受け入れる落ち着き

これはまあ、当たり前といえば当たり前ですかね。

どうせ変えることができないのであれば、受け入れるしかないので落ち着こうよ、という話です。

変えることができないものを変えようとしてもしんどいだけですので、無駄に労力を使うのはやめましょう、という話ですね。

この考え方は、生きていく上で相当重要な気がします。

人生を浪費しないために。

②変えることのできる物事を変える勇気

自己啓発系の本に出てきそうな言葉です。

変える勇気を持たなければ、何も変わらない。

何かを変えたければ、勇気を持って行動した方がいい。

とにかく動くことが重要。

みたいな。色んな本に書いてありますね。

行動すべきだとわかっていながら動けない人とか、現状に不満を言うだけで改善できていない人は、行動に移すことが重要ですね。

③その違いを常に見分ける知恵

意外と意識されていない

個人的に衝撃だったのは、この③です。

変えることができるものとできないものとを見分ける知恵。

僕はニーバーの祈りのこのフレーズを見るまで、はっきりと意識したことがなかったので、初めて見たときは結構な衝撃でした。

しかも、①と②と並列に書かれているので、③は、①と②と同じくらい大事なことなんだと理解しました。

物事を受け入れる落ち着きがあっても、変える勇気があっても、そもそも変えることができるものと変えることができないものとを見分けることができなければ、空回りしてしまいます。

というか、多くの人が苦しんでいるほとんどのケースが、これを見分けることができていないからなのではないか・・・とすら思いました。

見分けられないと

変えることができるのに、変えようとせずに受け入れて落ち着くというのは損ですし、怠慢ともいえます。

まあ、本当に受け入れて本人が幸せならいいんでしょうけど、「現状に甘んじている」という言い方はできます。

逆に、変えることができないものを無理矢理変えようとする勇気を持ったとすれば、強引なやり方をするしかないし、思い通りに変わらないことで相当ストレスが溜まりそうです。

注意点 : 変えることができるもの ≠ 変わるもの

微妙な違いなんですが、

変えることができるもの

と、

変わるもの

とは違います。

「変わるもの」というのは、「変えることができるもの」を含みますが、もっと広いです。

ここを履き違えると、変えることはできないのに無理矢理変えようとすることにつながってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

自分は変えることができる

自分自身は、変えることができます。

「自分は変えられない」という意見もそれなりにありそうですが、それこそ、勇気を持てるかどうかです。

自分のことは、自分しか責任を取れません。

どう動くか、どういう人生を歩むのかは、自分の意思次第です。

なので、自分の現状が嫌な人は、自分を変える勇気を持つことが大事です。

あらゆる人のうち、変えることができるのは、自分だけです。

他人を変えることはできない

他人を「変えることはできない」です。

どう動くか、どういう人生を歩むのかは、その人の意思次第です。

ですので、他人を変えようとする勇気を持つのは危険です。

とはいえ、他人だって、変わることはあります。

ですが、それはあくまで、その人が自発的に変わっただけですね。

上にも書いた注意点を意識してください。

変わることはあります。でも、外部から変えることができるものではない。

知識の提供はありですけど、考え方を変えさせるというのは無理でしょう。

他人を変えようとすればするほど、上から目線になってしまいますし、どんどん仲が悪くなります。

他人は、変わらないものだと受け入れて落ち着いた方がよさそうです。

自分を先に変えることで、相手が自然と変わるということはあります。

でも、意図的に他人を変えようとすると、うまくいきません。

まとめ

他人の考えを受け入れて落ち着けるように、自分自身を変える勇気を持ちたいですね。

他人を変えようとしてうまくいかず、多くの人がイライラしているように見えます。

自分と他人というテーマ以外にも、変えることができるものとできないものとを見分けた方がいい場面は、たくさんあると思います。

変えることはできないのに、無駄なことをしていないか。

本当は変えることができるのに、できないと割り切ってしまっていないか。

変えることができるものか、できないものか、その判断を見誤っていないか。

ニーバーの祈り。

色々な場面で、振り返りたいフレーズだと感じました。

コメント