ゲーセンでメンテナンスが悪いから勝てない?

ゲーム

メンテナンスの影響

ゲーセンで対戦格闘ゲームをしていると、ゲームのメンテナンス次第で、勝率が変わってしまうことがあります。

僕のホームゲーセンであるコーハツさんは、基本的にメンテがいいのでそんなに考えなくてもいけますけどね。

あまりメンテが良くないゲーセンも正直ある。

メンテに限らず、慣れていないコントローラーでプレイするときも同じことですけどね。

もちろん、それぞれのゲーム毎にメンテが影響する程度は違うとは思いますが、かなりやり込んだ者同士であれば、1つのミスで一気に流れが変わったりすることも少なくないし、メンテの影響はそれだけ大きくなります。

「ウメダルさんはミスが少ない」「どのメンテでもプレイできるのがすごい」とか、言われたことがありますので、その点に関する考えを整理してみます。

マヴカプ2の場合

僕はマヴカプ2ばっかりやっていたのでほとんどマヴカプ2のことしかわかりません。

マヴカプ2は比較的、メンテの影響が大きいゲームです。多分。

特に、右手側。6ボタン。

いや、もちろん左手レバー側も大事ですけど、特に他のゲームよりも右手ボタン側の影響が出やすいと思う。

マヴカプ2は、同時押しが非常にシビアというのが特徴的だから。

空中ダッシュとか飛行とか、コンボだけでなく立ち回りで同時押しを使いまくるので、メチャクチャミスりやすい。

しかも1ミスで1試合終わるような致命的な技の暴発とか、いっぱいある。

同時押しの制度は、そのまま動きのキレにも繋がるし、コンボ制度にも大きく響く。

なので、メンテでボタンが効きやすければ、動きが変わる。

同時押しが下手なのに強いプレイヤーというのは見たことがない。

メンテが悪かったらどうするか

微妙なメンテが問題

明らかにボタンが効いていないとか、レバー入れているのにダメなときには、店員さんを呼んで直してもらう。これはまあ、当たり前。

でも、

明らかに効いていないとまでは言えないような場合、例えば、

難しい連続技とかの場合にはちょっと反応が微妙

とか

低空バイパーが地上バイパーに化ける

とか

ライトニングストームが全く出ない

とか

連続ダッシュが出ない

みたいに感じるときが一番困る。

そういうときでも店員さんを呼んで直してもらうこともあるけど、一試合毎に毎回店員さんを呼びまくるわけにもいかない。

気のせいだろうと割り切ることが大半。

メンテのせいにしたくなる

うまく動けないと、メンテのせいにしたくなることもあるよね。

意識的に言い訳だと思っておらず、本気でメンテが悪いから負けたと感じている人もいるんだろう。

まあ、言い訳かどうか、ということ自体、考えても意味ないと思います。

「メンテが悪いことが負けたことの原因だ、それが真実である」

と証明できないし、証明できても虚しい。

それより、メンテが悪いから負けたと思ってしまうと、成長しにくいという意味で、勿体ないと思うけどなぁ。

メンテが悪くても頑張る

これ、僕の持論です。

明らかにボタン効かないときは店員さん呼びますけど、悪いメンテでどう楽しむかを工夫するというのも、これがねぇ、結構楽しいんですよ。

みなさんは、格ゲーの何が楽しいですか。

勝つことを重視する人もいるでしょう。

でも勝つことを重視する人は、悪いメンテでプレイすること自体、ストレス溜まるんじゃないですかね。

僕は過程重視の人なので、格ゲーでは、「工夫する」という行為が大好きです。

勝つことももちろん大事ではありますけど、勝つことよりも工夫することの方が好きです。

「工夫する」ということは、格ゲーの醍醐味じゃないですか?

まあ、勝つために工夫する、ということではありますけど、勝たなくても工夫して成長できればまあOKという、そんな感じです。

毎回違うメンテで、毎回工夫して戦う。

これは楽しいことだと、思いませんか?

その試合に負けても、そのメンテでどこまで力を発揮できるか検討するという工夫は、毎試合できますから、毎試合楽しめますよ。

脳内では、

なんとなくこのメンテなら、自分ならこれぐらいだったら動きそう

とか

このメンテではこういう感じでやればちょっと動きやすい

とか

このくらいの同時押しの精度なら

このコンボならミスらずリターンが取れるかな

とか

かなり動けるからもっと相手にプレッシャーをかけにいける

とか。

考えてプレイするの、楽しいです。

勝ち負けが大事で、いつも思い通りに動ける環境でしかプレイしないというのは、それはそれで1つの考え方なんでしょうね。

でも僕はちょっと違いますね。

マヴカプ2なんて、そもそも置いてあるゲーセン自体限られているし、今は日本人プレイヤーもあんまりいない。

だったら、どこだろうと、どんなメンテだろうと、僕は工夫して対戦したいですけどね。

プロじゃないからなのかもしれませんけどね。

アドラー心理学:与えられたものをどう使うか

アドラー心理学の考え方の1つに、こんなものがあります。

何が与えられているかが問題ではなくて

与えられたものをどう使うかが問題

元々は、ないものねだりをするのではなく、ありのままの自分を好きになるためだったり、劣等コンプレックスにならないための考え方だったり。

この考え方、悪いメンテで戦って楽しむため、勝ち負けよりも楽しむための1つの考え方として、参考になりませんかね。

どのようなメンテが与えられているかが問題ではなくて

与えられたメンテでどう戦うかが問題

まあ、当てはまらなくもないでしょう?

まとめ

メンテが悪いと言い、イライラしているプレイヤーを、これまでにたくさん見てきました。

でも、そんななかでも工夫して、いろんなメンテでも戦えるように成長する方が、僕は楽しいと思います。

ゲーセンでメンテに悩まされている方、なるべく楽しみたいという方がおられましたら、参考にしていただければ幸いです。

コメント